レミー in ディズニー・ドリーム

早く、早くしないと…。
新婚旅行並みに金をかけたディズニークルーズの記憶が薄らいでしまう。人間なんて悲しい生き物ですねw

そんな薄らいだ記憶を掘り起こし、文字に起こす作業も早くすすめないといけません。今回思い出すのはアダルティーなダイニング「レミー」です。レミーの店名はディズニー映画「レミーのおいしいレストラン」から来ています。

レミーの看板レミー入り口の天井のライト

ディズニー・ドリームには先に紹介したパロと、このレミーの2店舗のスペシャリティー・ダイニングがあるのですが、レミーはパロよりも格上になります。しかもレミーは4隻あるディズニーの船のうちドリームとファンタジーにのみあるんです。あるならやっぱり行きたいですよね。

レミーの店内

レミーはパロと入り口を共有していて、パロと反対側に(進行方向左)にあるんですが、広さがパロの半分くらいしかありません。そのぶん予約も取りづらいのかと思うのですが、自分たちが行った時は満席と言うわけではなかったんですよね。

ちなみにレミーのキャストなのですがおそろいほど「グッド・ルッキング・ガイ」ばかりなんです。友達と「絶対に顔審査してるよね」って語ったほど。新婚旅行なんかで行ったら新婦の心を奪われる危険があるので注意が必要ですw
レミーのテーブル

パロより格上と言うこともあって、食事中の緊張感は半端なかったです。パロのキャストはどちらかと言うとフレンドリーで、そんなに気も張らずに済んだのですが、レミーは緊張しっぱなし。ワインも頂きましたが、まったく酔えませんでした。レミーの椅子とテーブルの飾り

椅子の背もたれの後ろにはなんとネズミの「レミー」の姿が。このレミー、お皿の模様にもなっていたりといたるところにいます。パロはまったくディズニー感がありませんでしたが、その点レミーはディズニーのレストランなんだなぁ、と感じることができます。

ちなみにワインですが、クソ高いのでグラスで頼みました。実際グラスでよかったかな。ボトルで飲んでも酔えなかっただろうしね。酔えない酒はちょっとねぇ。
ガラスのレミー

すっごくわかりずらいと思いますが、上を見上げるとガラスのレミーがいます。これはたぶん店内に1匹、だと思うんだけど…。

レミーは高級店の扱いで、店内もフォーマルな雰囲気なのでカメラを向けるのに気が引けましたので、あんまり写真がないんです。なので行く場合は心にしっかりと刻まないと。

次回はレミーのお食事を載せようと思います。

  • 0 follow us in feedly