2015夏、花の「鉄板焼きランチ」

先付け、前菜盛り合わせ

先付け

先付けは茶碗蒸し、前菜は鯵のマリネ、ずわい蟹のお浸し、フルーツトマトのコンポートの3品。茶碗蒸しの中の写真を撮ったのですがピントが合わずボケボケだったので割愛です。写真はないですが美味しい茶碗蒸しでしたよ。具はアサリと薩摩揚げのような魚の練り物でした。時期がずれているからか銀杏は入っていませんでした。セーフ。

鯵のマリネは酸味が利いていて暑い夏にはいいですね。フルーツトマトは「フルーツトマトってこんなもんだっけ?」くらいの甘みでした。

この中で順位をつけるなら1位:茶碗蒸し、2位:ずわい蟹のお浸しでしょうか。

前菜は種類があるのでワインをいただきながら、チビチビと進めてました。

太刀魚と帆立のソテー

太刀魚と帆立のソテー太刀魚の焼き物はXO醤とトウモロコシのソースを絡めていただきます。トウモロコシのソースって珍しいと思ったのですが、XO醤を付けて食べたほうが美味しいかな。ゴーヤは苦手なので友達にあげちゃいました。
が、逆にいただくものがありました。それはパイナップル。パイナップルは食べられるけど、温かいパイナップルは無理って人、多いですよね。自分は平気なのでもらったんですが、このパイナップル、意外といい品かもしれません。焼いているにもかかわらず、ものすごく果汁が出てくるんです。コースの途中ですがデザート食べてる感覚でした。
この料理、実はあまり記憶ないまま食べてしまったんですが、それは内緒。
帆立はちょっと固かった。

サラダ

サラダ

今回最大の鬼門はサラダだったかも。嫌いなさやえんどうとヤングコーン。おそらくこの2つを除くとメインはトマトだけになってしまうんでしょうが、嫌いなものはしかたないですよね。あげました。

焼き野菜

焼き野菜
焼き野菜はレンコン、さつまいも、エリンギ、パプリカでした。どうも自分は根野菜が苦手なのか、レンコンもあまり好きではありません。2つのうちひとつはあげちゃいました。(どんだけ嫌いなものあるんだ?)

つけダレ

焼き野菜と同時に2種類のタレが出てきます。ひとつは大根おろし。もうひとつはゴマダレです。このタレはステーキのときにも使います。

ステーキ

テンダーロインステーキお肉はテンダーロイのステーキです。プラス2,060円すると和牛になると記載されていたのですが、私は変更しませんでした。変更しない場合、おそらく国産牛になるのではないかと思います。
お肉はミディアムレアでお願いしたのですが、柔らかいお肉で美味しかったですよ。脂身は少なく、さっぱりとしてタレとマッチしていました。
脂身も美味しく頂きたい方には物足りないかもしれませんが、私にはちょうどよかったです。

あんみつ

あんみつデザートはあんみつです。こちらは奇をてらった部分はなく、いたって普通のあんみつでした。
2時間半くらいいたでしょうか。昼からお酒を飲みながらのんびりとした時間を過ごしました。花はいつでも満席状態で、飛び込みでは入れそうもないので行かれる場合は予約されることをおすすめします。

鉄板焼きランチ:5,770円

  • 0 follow us in feedly