「ディズニー・ハロウィーン」ランチコース in ベッラヴィスタ・ラウンジ

かなり久しぶりにベッラヴィスタでランチをしてきました。ホテルでランチなんて高いし、ベッラヴィスタの予約も大変なので、なかなか行けないのですが、お友達が予約をしてくれて、ディズニーのホームページで見たら、なかなか食べられそうな料理だったのでウキウキ気分で行ってまいりました。

プレアペタイザー

プレアペタイザー

最近はメニューにない前菜がでるそうです(一緒に行ったお友達談)。写真はお肉にも見えますがカツオです。あまりカツオって得意じゃないんですが、これは美味しかったです。これをどっさり前菜で出して欲しいと思うほどでした。

炙り秋刀魚と茄子のインサラータ 鶏レバームースとフルーツのアグロドルチェ

炙り秋刀魚と茄子のインサラータ 鶏レバームースとフルーツのアグロドルチェ

炙り秋刀魚と茄子のインサラータ 鶏レバームースとフルーツのアグロドルチェ

こちらはコースの前菜です。青魚はタイトルとおりのサンマ。残念ながら自分の中でサンマは庶民の魚と言うイメージがあるので「サンマぁ〜」と思ってしまいました。味ですか? サンマですよ。それ以上でも以下でもありません。

そんなサンマよりもこの前菜最大の問題はバケットに載ったもの。ニョロニョロとかけられているのは鶏レバーのムース。これはかなりレバー感がありました。それはいいんです。それよりもそのムースにかくれているもの。最初これもレバーなのかな?と思ったんですが、どうも嫌な予感がしたのでキャストに聞いてみたら煮詰めたフルーツだそうです。私は小学生の時にぶどうパンを食べて吐いた経験があり、不吉な果物に拒絶反応があるんです。いや〜、聞いてよかったですよ。と、言うことでこちらは周りのバケット部分だけを頂きました。不味くはないですよ。(うまくはないのか?)

パンプキンニョッキ グアンチャーレとカンネッリーニのトマトソース

パンプキンニョッキ グアンチャーレとカンネッリーニのトマトソース

こちら、恐ろしく印象に残らず終わってしまいました。パンプキン感あったかなぁ。ニョッキ5個だぜ(6個かも)。腹の足しにならねーよ! お酒のお供としてもどうかなぁ。

牛ランプ肉のタリアータ仕立て セージの香るチーズポレンタとマッシュルーム添え

牛ランプ肉のタリアータ仕立て セージの香るチーズポレンタとマッシュルーム添え

牛ランプ肉のタリアータ仕立て セージの香るチーズポレンタとマッシュルーム添え

メインはお肉にしました。そしてプラス850円でフォアグラのソテーをつけちゃいました。フォアグラは大変よい塩加減でとても美味しかったです。850円でつけられるならお得でいいんじゃないかと思います。
お肉は柔らかく、付け合せの野菜も変に凝ってなくてよかったです。ただ、これってオプションのフォアグラがなかったらかなり寂しい見栄えになるんじゃないかと。

カボチャのシブースト ラング・ド・シャとオレンジアイスクリーム添え

カボチャのシブースト ラング・ド・シャとオレンジアイスクリーム添え

カボチャのシブースト ラング・ド・シャとオレンジアイスクリーム添え

ハロウィーンと言うことで、デザートにもカボチャ。カボチャかぁ、と思っていたのですが、割ると中からドロドロとチョコレートが流れ出してきて、思った以上に美味しかったです。チョコレートの甘さをオレンジアイスクリームの酸味でお口直しと、ステキな仕上がりになっていました。
グレーのはなんだったかなぁ。ホコリじゃないよ。
皿の上に並んだオバケカボチャはおそらくハチミチではないかと。全部舐めちゃいました。

ベッラヴィスタに行った日はイベントの間でハーバーでショーもなくミッキー広場も平和でのんびり景色を眺めながらいただきました。
今回のランチコースの総評としては「よかった」。特にフォアグラがね。

ホテルなので高くてなかなか行けませんが(予約も取れないし)、また行きたくなりました。

“ディズニー・ハロウィーン” ランチコース:4,940円

  • 0 follow us in feedly