サマーフェスティバル2016、ベッラヴィスタのランチコース

お友達の誕生日目的で予約したベッラヴィスタ・ラウンジでしたが、別の店に行ったので必要がなくなりました。キャンセルしようかと思っていたのですが「もったいない」と言われたので行くことにしました。
しかしこの日は暑かったです。ランチまでランド、シーと散策したのですが汗だくでフラフラでした。タオルが汗でビチョビチョで拭いているのか、汗を伸ばしてるのかわからない状態。夏場のパークは体力勝負ですね。

そんな猛暑の中で行ってきたベッラヴィスタの「ディズニー・サマーフェスティバルのランチコース」です。

シーフードのセヴィーチェ
グリーントマトのガスパチョと共に

シーフードのセヴィーチェ  グリーントマトのガスパチョと共に

海老、タコ、白身魚などのセヴィーチェがガスパチョに乗っています。ガスパチョの中には細切りの大根がたくさん入ってました。夏にピッタリの爽やかな前菜になっています。できれば少し酸味が欲しかったかな。海老は頭と身がが分かれていて食べやすく処理されていました。

パン

パン

パンは前回と同じ、と思いきやトマトのパンに豆が仕込まれていました。あ〜、豆きらいなんです。なので豆を避けていただきました。

アナゴと焼き茄子のフェデリーニ 実山椒のアクセント

アナゴと焼き茄子のフェデリーニ 実山椒のアクセント

コースには必ず付いてくるパスタ。今回は穴子とナスのスパゲッティです。どちらも夏の食材で季節感があります。パスタはカッペリーニほどではありませんが、かなり細い麺です。夏はひやむぎは素麺を食べる機会が多くなりますが、そんな日本食に合わせるように細いパスタをチョイスしたのかもしれません。味付けもそんなに濃くなく、ちょっと醤油っぽい感じもしました。

牛ハラミのグリル レフォール風味のオニオンサルサ
ジャガイモとサルシッチャのストゥッファートを添えて

牛ハラミのグリル レフォール風味のオニオンサルサ  ジャガイモとサルシッチャのストゥッファートを添えて

メインは魚と肉から選べますが、今回は(も)お肉を選びました。お肉は安定のランプ肉。お肉は柔らかく、脂身が少ないのがいいです。周りの白いのはオニオンで、ソースと絡めてお肉をいただきます。お肉の下にはじゃがいもがあるのですが、この料理法はあまり好みではありませんでした。ちょっとべっちゃりした食感だからでしょうか。じゃがいもの見た目もあまり好みではありませんでした。ただ、フライやマッシュポテトにするよりは夏向きかな、と。

ラゴンフルーツとヨーグルトのスープ
ラズベリーソルベ入り紅茶のサヴァラン

ラゴンフルーツとヨーグルトのスープ  ラズベリーソルベ入り紅茶のサヴァラン

デザートはミニーのトロピカルスプラッシュを連想させる夏のフルーツをふんだんに使ったものでした。右にあるのは高級大人向きポッキーみたいな感じで美味しかったです。ただ、サヴァランはあまり好みではなかったかな。これならシャーベットでも乗せて欲しかったです。それでも15周年ランチコースのデザートより数倍よかったです。

全体的は行ってよかったと思えるランチコースでした。食事中には遠巻きですがトロピカルスプラッシュも見れましたしね。

次回はクリスマス…、と行きたいですがはたして予約が取れるかな?

“ディズニー・サマーフェスティバル”ランチコース:4,940円

  • 0 follow us in feedly