2015年秋、SSコロンビア「シェフのおすすめランチコース」

ハロウィーンが始まり、パークのレストランは秋メニューに一新。いつものごとく、いつもの店を毎週1店舗ずつ周る企画を継続中。今回はS.S. コロンビア・ダイニングルームのランチコースをご紹介。

帆立貝とサーモントラウトのムース

帆立貝とサーモントラウトのムース

帆立貝とサーモントラウトのムース

正統派の前菜ですね。帆立など味は薄い味なので、周りの緑のソースをつけていただきます。おそらくバジルとアンチョビのソースじゃないかと。アンチョビの塩っ辛さが美味しいソースになっています。

それよりも驚いたのがシュークリームみたいに盛られたサーモンのムース。めっちゃサーモンでした。こちらはサーモンと生クリームをミキサーにかけたのかと。以前、自分は生ハムでやったことがあります。いっぱいできちゃうので1度しか作っていませんが。生クリーム高いしね。

スープを選ぶとキノコのクリームスープになるそうです。でも、お酒飲むのでやっぱり前菜を選んじゃいますね。絵力もこっちの方があるし。

ローストビーフ、エシャロットソース

ローストビーフ、エシャロットソース

今回のローストビーフはエシャロットソース。エシャロットってフランスのラッキョウみたいなやつ。ネギ科の植物でソースにはよく利用される野菜。ソースの中では定番なので安心でした。もちろん美味しかったですよ。
秋だから栗がひとつ載ってました。栗の後ろに見える紫の物体はムラサキイモのマッシュポテト。色はグロいけど普通にマッシュポテトです。他にきのこのローストも副菜として載ってました。きのこ、美味しかった。

グラスデザート

グラスデザート

グラスデザートはミックスベリートライフルとパンプキンクリームパイ&アップルをチョイス。パンプキンクリームパイ&アップルは期間限定デザートです。あんまりパンプキンドーン!って感じではなく、爽やかなアップル、重たいパンプキン、アップルと層になっていて想像していたよりも良かったです。
ミックスベリートライフルの感想は一番上のイチゴが不味かった。

ちなみにソムリエおすすめワインは夏と同じロバート・モンダヴィでした。

シェフのおすすめランチコース(前菜とローストビーフ140g):4,380円

と、2015秋のS.S.コロンビア・ダイニングルームのランチコースでした。最近では珍しく窓際の席に案内され外が見えて楽しかったのですが、エアコンの風が直で当たるのでかなり寒かったです。

外にはこんな人もいたりいなかったり

グーフィー?

あまりにも寒くてブランケットを借りて首元で縛って使ってましたがキャストはスルー。仮装だと思われたかな?

そしてこの日一番感じたのはキャストがひどすぎること。

  • 4人席に2人だったのでセットしてあった2人分の食器を片付けるときにガチャガチャと耳を塞ぎたくなるくらいの音
  • 水をつぐときにビチャビチャとこぼしシルバーもビチャビチャ
  • アップルティーソーダの原液がグラスにベッタリで気付かず触って手ベタベタ
  • 追加のバターを頼むが忘れて水配りにいそしむキャスト、しかもつぐゲストがいなく暇そう

どうよ。ここ最近では最高にひどかった。ブログで愚痴書くのもどうなんろう、だけどさ。今回のSSのキャストには早く成長してもらいたいものです。

  • 0 follow us in feedly