レストラン櫻の「ニューイヤースペシャルセット」2017

1月1日からパークでお食事をしてきました。テーブルサービスのレストランは事前予約必須となってしまったので、12月1日にネット予約をしました。この予約が大変でした。10時の予約開始時点でスマホでの接続がまったく繋がりません。TDRのネット予約は数ステップあるのですが、最初から繋がりません。なんとか繋がっても2,3ステップ目で切られてしまい、また最初からになってしまいます。やはり元日の予約は「普段にも増して争奪戦か!」と焦りました。それでも30分ほどかけてなんとか予約をGET。
しかしこの時点で櫻の正月料理の発表はありません。もしかすると通常料理しかないかもしれません。それでもいいんです。元日に料理なんてしたくないですし、どうせパークに行くんです。混んでいるパークで食事を確保できている安心感があります。

そして、元日の料理が公式サイトで発表されました。櫻には正月料理があるようです。が、公式サイトでは特別営業の年越しのページに掲載されているんです。これが通常営業でも食べられるのかはページからはまったくわかりません。これに関してはカケです。

そして1月1日当日。通常営業の時間帯にも「ニューイヤースペシャルセット」の提供がありました。しかも特別営業時間帯と同じようにスーベニア箸付き。と言うことでブログのネタができましたw

ニューイヤースペシャルセットの全景

ニューイヤースペシャルセットの全景

こちらがニューイヤースペシャルセットの全体です。おせち感満載ですね。これを自宅で用意する気は起こりません。それではひとつひとつの料理の写真をどうぞ。

有頭海老、鶏つくねと野菜の炊き合わせ

有頭海老、鶏つくねと野菜の炊き合わせ

小鯛の笹漬け、合鴨、穴子の八幡巻き、伊達巻、紅白蒲鉾、なます、黒豆

小鯛の笹漬け、合鴨、穴子の八幡巻き、伊達巻、紅白蒲鉾、なます、黒豆

天麩羅の盛り合わせ

天麩羅の盛り合わせ

雑煮椀(トマトつゆ)

雑煮椀(トマトつゆ)

赤飯

赤飯

朴葉の味噌焼き

朴葉の味噌焼き

個別写真はありませんが、デザートに「栗のロールケーキ」もありました。おせち料理はあまり好きではないのですが、こちらの正月料理は大変美味しくいただけました。雑煮が“トマトつゆ”なので雑煮感がなかったのですが、変わり種料理としていただくと楽しめます。
伊達巻や生麩なんかは買うとどうしても量が多く、捨ててしまいがちですが、こちらは一口ずつあるのがいいですね。縁起物の海老もお頭付きです。朴葉の味噌焼きには豚肉がブロックで入っているので、さっぱりしがちなおせちのアクセントになっています。お値段は高いですが、お箸の販売価格を600円くらいと考えると妥当かと思えます。

ニューイヤースペシャルセット:3,300円

ここからは料理と関係ない話ですが、プライオリティシーティングのみのレストラン櫻なのですが、当日は店外に長蛇の列。もちろん全員予約された方です。プライオリティシーティングは時間を指定して予約しており、みなさん時間通りに来ているにもかかわらずです。しかも櫻には店内の待合エリアもあます。にもかかわらず外に長蛇の列。

ゲストのほとんどの方はニューイヤースペシャルセットをご注文されているらしく、そのスペシャルセットは提供に時間がかかるようなんです。そのせいで回転率が著しく下がってしまい予約ゲストを待たせるはめに。私も席に着いたのは予約時間の30分後でした。並んでいるゲストも並びならが文句を言っている方がほとんどでした。元日からこれじゃやってられないですよね。

ようやく席に着き、ニューイヤースペシャルセットを注文。元日でも提供数が終了するこのセットは食べられないようです。ちょっとお酒も飲んじゃおうと思って酒も注文。お酒は注文後すぐに出てきました。ところがスペシャルセットは待てど暮らせど出てこない。お酒は料理と一緒に飲む予定なので手を付けないで待っています。ようやく料理が出てきたのは注文から40分後。こんなに時間がかかるなら先に酒を出さないでいただきたかったです。周りを見渡すとやはり酒だけテーブルに載っている方が多数。酒、ぬるくなるちゅーねん!

料理は良かったのに、正月早々いただけない部分が目立ってしまった櫻でした。

  • 0 follow us in feedly