東京ディズニーシー15周年についての雑談

オリエンタルランドから東京ディズニーシー「15周年」についてのリリースがされましたね。アニバーサリーイベントは2016年4月15日から2017年3月17日。これはTDSのオープン日(9月4日)を完全に無視した設定です。企業としては年度を意識したほうが決算にはいいんでしょう。

東京ディズニーシー15周年のイラスト

東京ディズニーシー15周年のテーマは“Wish”だそうです。希望や願いを意味する“Wish”をテーマとした15周年を“ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ”としてアニバーサリーを開催するようですね。

そんな15周年、現在公開されている情報は以下の3点

  • ハーバーショー「クリスタル・ウッシュ・ジャーニー」
  • ビッグバンドビートのリニューアル
  • ハンガーステージのニューショー

です。これ以上の情報はありませんが、これだけになる可能性は高いかもしれません。

東京ディズニーランド30周年を思い出してみると、アニバーサリーショーはなんと「ハピネス・イズ・ヒア」だけ。

ハピネス・イズ・ヒアのミッキーとミニー

しかもデイパレードのリニューアルと言う位置づけなので30周年が終了した今でも公開されいます。

現在、東京ディズニーシーはお昼のハーバーショーがない状態。15周年で始まる「クリスタル・ウィッシュ・ジャーニー」がお昼のハーバーショーとして15周年以降も行われることは十分に考えれます。

そもそも東京ディズニーランドだけだったころと東京ディズニーシーとの2パーク状態になった今とでエンターテイメントにかける費用が変わっていない現状を考えると、今回発表された以上のことを望むのは難しいようにも思えます。ビッグバンドビートもハンガーステージもリニューアルなので15周年で特別に行われるわけではないですしね。

どんな天候でも行われる屋外のショーは設備の強度も通常の屋内ショーに比べると高く、制作費もかかるはず。それを1年ほどで終わりにするのは費用の回収率は悪いでしょう。

考えてみると最近の東京ディズニーリゾートは季節イベントが定着化しています。春はイースター、秋はハロウィン、その後はクリスマス。夏は決まってはいないものの水撒きはすでに定番化しています。今のところ決まっていないのは1月〜3月の期間のみ。
思えば海外は1つのショーをかなりの長期間やるのが当たり前になっています。それを考えると東京も海外に近づいているのかもしれません。

オリエンタルランドも営利企業で、慈善団体ではないので仕方なのい事なのですが、なんだか寂しですね。15周年では私たちの想像もつかないような何かを起こしてくれると嬉しいです。それが私のWishです。

  • 0 follow us in feedly